メール誤送信について確認【利用状況を確かめておこう】

ニュース一覧

ソフト利用と自助努力

Eメール

確実に誤送信を防ぐには

社内の情報が漏洩することで、自社で開発した優良な商品が他社でも真似されたり、まだ世に出ていない製品を、他社から先に世に出されることで受ける不利益は計り知れません。そこで、現代において情報セキュリティは、社内管理で重要な位置づけになります。その漏洩してしまう可能性の1つとして、ヒューマンエラーによるメール誤送信が挙げられます。これは、常に注意深く宛先を確認することで防ぐことはできますが、毎日数十件とあるメールの宛先を1件ずつ注意深く確認するのは、時間がかかるため現実的ではありません。メール誤送信防止機能のあるソフトを利用することメール誤送信を防ぐためには、様々なソフトを利用することで、ある程度解決できます。最も簡易なソフトは、メール誤送信は送信した直後に気付く場合が多いので、メール送信直前にダイアログメッセージを表示させる機能があります。そのメッセージで、宛先は間違いないかと表示させることで、随時注意喚起をしてくれます。その他には、送信ボタンを押した際に、メールの宛先自体を画面上に表示させ、確認ボタンを押さなければ、実際に送信されないソフトもあります。これにより、送信する前に宛先の間違いに気付くことができます。自分でできる対策このようなソフトを利用することもできますが、情報漏洩対策が完全ではありません。よって、自分で簡単にできる対策と併用することで確実性が増します。その1つに返信機能を使用しないことが大事です。これは、宛先の確認をおろそかにする可能性があります。その他、宛先登録をしていない人には絶対送信しないことを徹底しておけばメール誤送信は必ず防げます。

Copyright© 2018 メール誤送信について確認【利用状況を確かめておこう】 All Rights Reserved.