メール誤送信について確認【利用状況を確かめておこう】

ニュース一覧

稟議のシステム化

女性

稟議のIT化の目的

企業では多くの決定事項が、その役職者の権限により稟議という過程を経て、決定されていきますが、こちらもIT化を行っていくことが、盛んに行われています。稟議の仕組みをIT化するものとして、ワークフローシステムが存在しており、これを導入することでその目的を達成させることができます。ワークフローシステムを利用する目的としては、まず最初にあげることができるのが、稟議の流れを透明化することです。ワークフローシステムを導入するには、稟議の流れを整理し直すことが必要であり、この工程を行うことで、ムダなどを発見することができます。また実際に導入したあとに、稟議が今どのような状態であるかを、容易に確認することができるのも、導入のメリットになります。またワークフローシステムでは、特に拒否された稟議のその内容を保存することができますので、あとからその決裁が正しいかどうかを確認することも可能です。これはコンプライアンスの尊重と順守が盛んに叫ばれている現在のビジネス環境では、重要なことになるのです。そして稟議でも紙代という見えにくい経費を削減し、そしてその保存スペースをも削減できるというコストメリットも、ワークフローシステム導入で達成できるのです。またワークフローシステムはメールやビジネスツールとの連携もできるので、結果的に業務効率化にも繋がることができます。このように稟議の仕組みをワークフローシステムに載せることで、コンプライアンスやコスト面での導入メリットを達成させることができるのです。

Copyright© 2018 メール誤送信について確認【利用状況を確かめておこう】 All Rights Reserved.